院長挨拶

新潟県厚生連佐渡総合病院病院長 佐藤賢治より、ご挨拶とお願いを申し上げます。

佐渡総合病院院長 佐藤 賢治

当院は、昭和10年に診療科6の体制で開院され、幾多の変遷を経て平成28年4月現在、標榜診療科25,病床数354を有する佐渡島の中核病院です。また、佐渡島内の医療機関・保険薬局・介護施設を双方向に結ぶ地域医療連携ネットワーク「さどひまわりネット」(平成24年4月稼働)に参加し、佐渡全体で島民を支えるとのコンセプトのもと、医科・歯科・薬局・介護・福祉の協働による医療・介護連携の構築や障害者・子育て支援を進めています。

長い歴史を持つ当院ですが、佐渡市やJAをはじめ、多くの方々からご支援いただき、平成23年11月に新築移転いたしました。移転を機に、療養環境の改善、電子カルテ導入による多職種協働体制の確立、精度の高い検査機器の充実、人工透析やリハビリの対応数拡大、放射線治療装置の導入、院外連携を進める部署の拡充、救急搬入・搬出に即応できるヘリポート設置など、診療をできるだけ佐渡島内で完結し、必要に応じて迅速に島外医療機関と連携できる体制を整備しています。患者の皆様には見えにくいかもしれませんが、病院としてのチーム力、島内外との連携力が当院の大きな特徴です。

我が国では、高齢化、医療の進歩やニーズの高まりに伴う機能分担と専門特化が進む反面、医療・介護費用の増加からその圧縮もまた進められています。この結果、医療資源が都市部大病院へ集中、介護従事者確保も困難となって地方の資源不足は危機的状況に陥っています。佐渡も例外ではありません。院内はもちろんのこと、佐渡全体の多職種・多施設連携により対応を図っていますが、市民の皆様のご支援が不可欠です。医療・介護の目的は、病気の治療にとどまらず、生活を維持することにあります。患者の皆様と医療・介護提供側双方の努力がそろわないとその目的は達成できません。医療・介護を受ける意義をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。ご助言もお寄せ下さい。また、自然豊かで食べ物がおいしい佐渡で、チーム佐渡、チーム佐渡総合病院の一員となっていただける医療従事者・介護従事者の方々をお待ちしています。

院長  佐藤 賢治