佐渡総合病院ホーム > 総合案内 > 診療記録の開示による情報提供

診療記録の開示による情報提供

当院は、患者が病気と診療内容を十分に理解し、医療従事者と相互に信頼関係を保ちながら、共同で病気を克服することが大切と考えています。患者からのご希望があれば、原則として診療記録等の開示に応じ、説明をいたします。

一方、患者様のプライベートや医療従事者の守秘義務がありますので、検討の上、開示の可否を判断させていただきます。

診療記録の開示を申し出ることができる方

原則として

  • 成人で、判断能力のある患者本人
  • 患者の法定代理人。ただし、15歳以上の未成年者の場合、病気の内容によっては本人のみの請求を認める。
  • 診療契約に関する代理権が与えられている任意後見人
  • 患者本人から代理権を与えられた親族
  • 患者が本人で判断能力に疑義がある場合、現実に患者の世話をしている親族およびこれに準ずる縁故者

手続き

当院にて審査を行い認められた場合、診療記録等を開示いたします。ご請求の際は下記の書類をご用意の上、当院受付窓口にてお申し出ください。

【請求者がご本人の場合】

本人確認のため、「運転免許証」「健康保険被保険者証」「パスポート」「住民票」「個人番号カード」等のうち複数(2部以上)の提示をお願いいたします。また、「開示請求者の実印とその印鑑証明」が必要です。

【請求者がご本人でない場合】

個人情報開示請求者の提示が本人でない場合は、「委任状」及び「本人との関係を証明する書類等(戸籍謄本や抄本、住民票)」を〔請求者がご本人の場合〕の際に用意するものに加えて、提示をお願いいたします。

※診療記録等の開示を次の場合、一部あるいは全てお断りすることがあります。

  • 診療記録等の開示が第三者の利益を害する恐れがあるとき
  • 診療記録等の開示が患者本人の心身の状況を著しく損なう恐れがあるとき
  • それら以外に、診療記録の開示を不適当とする相当な理由があるとき

拒否の際に不満がある場合は、次の苦情相談機関に相談できます。

新潟県医師会 苦情相談窓口 025-223-6381
佐渡医師会相談窓口 苦情相談窓口 0259-63-6360
新潟県庁(医薬国保課) 苦情相談窓口 025-280-5781