佐渡総合病院ホーム > 看護部紹介 > リソースナース紹介

リソースナース紹介

がん性疼痛看護認定看護師

外科系外来勤務 後藤和美

がん性疼痛看護認定看護師として、がんと闘っている患者さんやご家族一人ひとりの体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるようにお手伝いしたいと思っています。普段は、外来で患者さん、ご家族のケアにあたっています。また、緩和ケアチームでも活動しています。「痛みがなかなかとれない」「気持ちが落ち込んでいる」「家族も悩んでいる」などの困っていることに対して、医師、薬剤師、看護師とチームを組んで、毎週話し合いをしてよりよいケアを提供できるように支援しています。さらに、院内外で緩和ケアを広めるための教育活動にも参加しています。


皮膚・排泄ケア認定看護師

5階西病棟勤務 羽生伸

皮膚・排泄ケア認定看護師は、主にストーマ(人工肛門)や褥瘡を含めた創傷、失禁ケアに携わる看護師です。病院内では、褥瘡委員会や褥瘡回診に参加し、褥瘡が早く治癒するよう関わらせていただいています。褥瘡だけでなく、ストーマについても、ストーマ周囲の皮膚トラブルや装具の選択などストーマ管理に関わる全ての面で相談を受けることができます。現在は主に、褥瘡対策チームに所属し、褥瘡予防やケアの方法、外用薬の選択など医師を含めた他職種と相談しながら活動しています。まだ、院外の活動は行ってはいませんが、今後は地域の褥瘡やストーマ管理についてのご相談にも対応したいと考えています。島内に住む方々がストーマ管理や褥瘡管理で困らないようお手伝いさせていただきます。


救急看護(ファーストエイドインストラクター)

手術室勤務 服部倫代

私はファーストエイドナース(場所や状況を問わずに発生する様々な救急・急変時に、専門的な救急処置が開始されるまでの間、看護職として適切な緊急・応急処置ができる看護職)、DMATナース(DMAT=災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム)として活動しています。患者急変時の場面に多く遭遇する割合は看護師が一番多いと言われています。予期せぬ心停止には前兆があると言われ、その兆候をキャッチするにはフィジカルアセスメントに基づき緊急性を判断することが重要です。ファーストエイドコースでは普段身近で起こり得る場面を設定し、シミュレーションを通した学習会の機会となります。患者の急変において優先順位を考え、かつ冷静に対応することが重要になります。普段からのトレーニングは重要ではないでしょうか。シミュレーション教育は院内におけるスキル修得に有効と考えます。更にファシリテーターとしてリーダシップを身に付けることも期待できます。皆さん一緒に、シミュレーションを通してフィジカルアセスメントから実践・評価し、スキルアップを目指しませんか。


救急看護(エマルゴシニアインストラクター)

外科系外来勤務 山川博実

BLS(一次救命処置)、JPTEC(日本救急医学会公認の病院前外傷教育プログラム)、エマルゴ(机上シミュレーションを用いた災害訓練講習会)を用いた外傷・災害の机上シミュレーションのインストラクターをしています。島内外、県外も含めて各コースとも年間2回以上の直接指導を行っています。エマルゴに関しては院内・院外を問わず訓練内容に応じた机上シミュレーションを企画することが出来ます。BLS学習会や外傷関連の学習会、災害の机上シミュレーションのご要望がありましたら、気軽にお声かけ下さい。


日本糖尿病療養指導士

内科系外来勤務 伊藤香

外来では、糖尿病療養指導士(看護師)が糖尿病の治療をしている患者さんに生活週間、食生活、運動、薬物治療、合併症予防、フットケアについて指導・支援を行っております。他のスタッフと連携し、患者さん一人ひとりが糖尿病とつきあいながら、充実した生活が送れるようサポートさせていただきます。


新潟県地域糖尿病療養指導士

6階東病棟勤務 寺尾実由紀

糖尿病療養指導士とは、糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を、幅広い専門知識をもち、医師の指示の下で療養指導を行う事ができるスタッフです。現在は、病棟で糖尿病教育入院をされる患者さんや高血糖や低血糖で入院される患者さんを対象に、生活背景から食事や薬剤、運動など退院後の生活について相談に応じています。栄養士や薬剤師とも連携し、食事や薬剤に関して医師の指示の下、治療の方法を検討させていただいています。また、足病変のある患者さんに関しては、末梢神経障害の有無、皮膚状態、爪の状態を確認させていただき、医師への報告やフットケアをさせていただいています。


NST専門療法士

5階西病棟勤務 内海佳未

NSTとは栄養サポートチームの略で、医師、看護師、栄養士、薬剤師、言語聴覚士などの他職種のスタッフが、恊働で患者さんの栄養状態をチェックし、ケアを行うチームです。栄養状態を良好に保つことは、病気の予防や早期回復につながります。食欲不振や体重減少の原因を調べたり、褥瘡や火傷を早く治すための適切な栄養管理をご紹介します。また、在宅で経管栄養を行っている方、お困りのことがありましたら何でもお気軽にご相談ください。


感染対策チーム

6階東病棟勤務 石見聖士

私は現在感染対策チーム(ICT)に所属し活動を行っています。病院は、感染症にかかっている人と抵抗力が落ち感染症にかかりやすい人が同じ建物の中にいます。また、感染症を治すために抗菌薬がしばしば使用されますが、それら抗菌薬が効かないような菌(耐性菌)がいる可能性もあります。 そのような医療環境の中で感染が起きないよう予防したり、感染の発生をできるだけ早く発見し、また感染が起きたとしても拡げないよう『感染対策チーム』が迅速に対応するために活動しています。