看護部部署紹介

看護部の各部署をご紹介します。

4階東病棟

4階東病棟

4階東病棟は、小児科・眼科・泌尿器科・皮膚科・産婦人科の5科混合病棟です。

眼科・泌尿器科・産婦人科では手術はもちろんですが、化学療法や放射線療法、痛みに対しての緩和療法など様々な治療を行っています。
産科は5日間の短い入院期間中に、育児技術の習得や育児不安解消のために個別の母子合わせた支援を行っています。
小児科では患児と家族に寄り添い身体的苦痛の緩和だけでなく、入院生活の不安が軽減できるよう精神的な支援を心掛けています。

入院中から退院後まで安心して治療をうけ療養生活が送れるよう関係部署や地域と連携をとり、新生児から100歳までの幅広い年齢層を対象に看護に当たっています。


4階西病棟

4階西病棟

4階西病棟は、「地域包括ケア病棟」です。急性期の治療を終えた患者さんが安心して退院できるための準備をお手伝いする病棟です。患者さんばかりでなく患者さんを支えるご家族が納得でき、安心して地域で生活できるようリハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカー、ケアマネージャーと一致団結しながら日々頑張っています。

フロア内は20代の元気あふれるナースから、知識豊富なベテランナースがワンチームとなり、患者さんのケアに当たっています。日頃から毎日笑顔を絶やさず患者さんへは優しい気持ちで関わる事をモットーとしており、活気あふれる病棟です。

患者さんに寄り添い、患者さんの立場に立って退院後の生活の問題はどこなのか、どう解決すれば在宅復帰ができるのか共に考え、退院を迎えられた時にはスタッフのやりがいにつながっています。


5階東病棟

5階東病棟

外科と消化器内科の混合病棟です。
外科は手術・化学療法や痛みに対しての緩和治療などを、内科は各種の検査や内視鏡的治療、緩和治療など広きに渡った治療を行っています。
スタッフは、その治療がより良い環境で行えるために、患者さん及びご家族とのコミュニケーションを大切にし、身体面・精神面での支援を行うよう努めています。

患者さんを取り巻く関係部署や多職種と連携を図りながら、安心して治療・療養生活が送れるように関わり看護を提供しています。


5階西病棟

5階西病棟

循環器内科、神経内科を主とした50床の混合病棟です。重症や緊急を要する患者さんが多く入院されており、緊張感をもって医師、看護師・看護補助員と共にチームで頑張っています。常日頃より、スタッフは患者さんやご家族の皆様からの励ましの言葉をいただく事で活力を得ており、感謝申し上げます。

循環器内科疾患は、急性期の緊急処置や治療上必要な生命維持の機器に囲まれ、不安や苦痛を伴います。神経内科疾患は障害と向き合う中で、不安や苦痛を伴います。5階西病棟のスタッフは多職種と連携を取り、入院中のみならず退院後の生活への支援を行っていきます。看護スタッフは、日々のカンファレンスを通じて話し合いながら、対象となる患者さんに最良のケアを提供出来るように関わっていきます。

5階西病棟は、若いスタッフが多く、活気があります。学習会を部署内で行い、最新の医療や看護ケアについても学びを深めています。


6階東病棟

6階東病棟

整形外科と脳外科50床の急性期病棟です。整形外科は手術目的の入院が主で上肢・下肢の骨折、股関節や膝関節、脊椎手術などが行われています。脳神経外科は慢性硬膜下血種の手術ほか、脳出血・脳梗塞、脳腫瘍の検査治療が行われています。

突然の事故や発症で身体が障害されることは大変なストレスを伴います。障害された健康を回復し患者様が生活の場所へ早く戻れるように医師、看護師、リハビリスタッフ等他職種が連携をとり頑張っています。


6階西病棟

6階西病棟

6階西病棟は、呼吸器・腎・内分泌内科,耳鼻咽喉科,歯科・口腔外科の入院を担当しています。

入院される患者さんは10歳以下から100歳代と幅広い年代の方々で、手術目的や検査目的、各種の治療目的と様々です。私たち看護スタッフは患者さんやご家族が安全に治療に臨むことができ、安心して入院生活が送れるように、医師をはじめ他職種と連携を取りながら看護を行っています。

看護部理念の「いつも患者さんのそばにいて、温かい心でいのちと健康を支援します」の気持ちを大切に、患者さんやご家族に寄り添うように頑張っています。


7階病棟

7階病棟

7階病棟は2019年から、地域包括ケア病棟となりました。

地域包括ケア病棟とは、急性期治療を終了し、安心して退院できるための準備をする病棟です。そのために、主治医をはじめ看護師、専従のリハビリテーションスタッフ、メディカルソーシャルワーカー等の医療スタッフと、ケアマネージャーや施設職員などの地域の職員と連携し、在宅復帰に向けた準備や、支援を行なっています。30名のスタッフ全員で、患者さんご家族の皆様とのコミュニケーションを大切にし、退院後の不安が1つでも減るよう笑顔で日々看護ケアを行っています。

7階病棟は、当病院の中で1番上の階にあり、眺めは抜群です。国仲平野の田んぼはもちろん、遠くは真野湾まで見えます。四季折々の変化を見せる佐渡の自然とともに、治療に専念できる療養環境の提供に努めていきます。


外来

外来

当院には、1日約900人の患者さんが外来受診のために来院されています。通院されている患者さんが安心して診察や検査、治療が受けられるよう多職種で連携し、時には外部施設とも協力し支援しています。入院期間の短縮化により、今まで以上に外来看護の必要性が増しており、スタッフひとりひとりが意識して行動しています。また、佐渡島の中核病院として、救急看護や外傷看護にも力を入れており、重症患者さんが搬送されてきた際にも対応できるよう日々学習を重ねています。

近年、個別性が高く、より専門的なケアを提供するための看護外来も行っています。現在は、糖尿病患者さんの足を守るための『フットケア外来』、授乳方法や母乳に関する相談を受けて母乳育児を支援する『母乳外来』ストーマ(人工肛門や人工膀胱)保有者を長期的に支援する『ストーマ外来』を行っています。上記を含めた様々な面で、在宅療養をサポートできるように努めています。


手術室・中央洗浄滅菌室

手術室

6つの手術室があり、外科・整形外科・産婦人科・脳外科・泌尿器科・耳鼻科・歯科・内科・形成外科で年間2,000件以上の手術を行っています。

中央洗浄滅菌室は病院全体で使用された器械器具の洗浄から包装・滅菌・払い出し管理までを行っています。高額かつ複雑な器械を取り扱うことが増えていること、感染対策も含めて細心の注意を払って洗浄・滅菌を行っています。

手術室は麻酔科医2名、看護師12名、看護補助者2名、中央洗浄滅菌室は看護補助者4名で構成されています。近年は、医療の進歩とともに腹腔鏡下手術の症例が増え、新しい手技や医療機器が取り入れられている中、手術に支障がないように対応しています。

全身麻酔や脊椎麻酔で手術が予定されている場合、術前訪問を精力的に行い、患者さんが手術を受ける準備ができるように関わっています。スタッフ一同、患者さんに安心で安全な手術が提供できることを目指して頑張っています。


透析室

透析室

透析室は、佐渡島内唯一の透析施設です。スタッフは、医師2名、臨床工学技士7名、看護師18名、看護補助者2名で約160名の透析治療を行っています。

スタッフの中には、腎臓病療養指導士1名、地域糖尿病療養指導士1名がおり、患者さんを取り巻く関係部署と連携を取り、その人らしく生活が送れるように関わり、安心して治療ができ安全に帰宅できるように看護を提供しています。

ベッド数は54床で毎日2クールの透析治療を行っていますが、現在ベッドの空きがない状況です。観光や帰省で透析を希望される方々の受け入れが困難となっています。(詳しくは腎臓内科のページをご参照ください)