佐渡総合病院ホーム > 病院紹介 > 新病院の新機能

新病院の新機能

新病院で新たに導入された機能についてご紹介します。

1. 高度な医療の提供(最新の診断、治療機器を備えて)

リニアック(放射線治療)

リニアック(放射線治療)

がんの三大治療法として手術治療、抗がん剤治療、放射線治療がありますが、その中の放射線治療はベッドに寝ている間に苦痛を感じることなく治療を終えることができます。

これまでの島内には放射線治療を行う装置(リニアック)を備えた病院がなかったため、放射線治療を希望する患者さんは島外へ移動する必要があり、経済的、身体的な負担及び時間の制約を強いられてきました。リニアックを導入し、島内での治療を可能としています。


ガンマカメラ(RI検査)

ガンマカメラ(RI検査)

放射線(ガンマ線)を出す少量の薬(RI)を注射して、ガンマカメラと呼ばれる特殊なカメラで写真を撮ります。

その写真から骨や内臓の様子や働きを調べます。

患者さんは専用のベッドで30分程度横になっていただくだけの苦痛の少ない検査です。

放射線治療と同様にこれまで島外の病院へ検査に行っていただいておりましたが、新病院ではこのRI検査が可能となり、島外への移動が不要となりました。


2. 救急医療の充実

救急ワークステーション

ヘリポート

新病院では屋上にヘリポートを設置して、緊急時や災害時に対応します。

緊急を要する患者さんは現在、佐渡空港からヘリコプターで島外医療機関に搬送していますが、病院から病院へ直接ドアツードアで搬送することで、搬送にかかるロスタイムを可能な限り解消し救命率の向上を目指しています。

救急ワークステーション

新病院の救急外来には救急ワークステーションが併設されます。

当院と佐渡消防の連携のもとに、救急ワークステーションには救急隊員と救急車が派遣され、救急隊員の病院実習をより効率的に行います。また、当院から救急車が出動することで、将来的には重症事案では医師が同乗し現場において早期治療を行うドクターカー的運用も可能となります。

大規模災害時の医師と救急隊員の連携強化にもつながり、今後の佐渡島内における救急医療レベルの向上をめざす拠点となります。


3. 情報の共有化と医療サービスの向上

電子カルテ

電子カルテ

これまでの紙カルテでは不可能であった、個人情報の一元化に伴う患者さんの医療情報の蓄積や研究・二次利用、病院内の各部門での情報共有化に伴った医療サービスの質の向上や患者さんの診察・会計の待ち時間の減少を実現します。

また、地域医療への貢献として将来的に患者情報・医学情報を佐渡島内の他医療機関と連携するためのネットワークを構築することも視野に入れております。

電子カルテになると、患者さんは予約の有無を問わず必ず再来受付機にて受付を行っていただくことになり、そこで発行される受付表を持って病院内を移動します。診察室へは従来のようにお名前でお呼びすることはなく、併設される待合表示盤より受付票の番号でお呼びすることとなります。

会計では自動精算機が設置されます。従来の窓口での支払の他に自動精算機でも支払が可能となります。


療養環境向上

療養環境向上

病院については、4人部屋でありながらどのベットからも外が見え開放感のある個室的多床室と呼ばれる病室を26部屋設置しています。

また落ち着いた環境を重要視される患者さんには、個室差額は必要となりますが特別室(バス・トイレ付)・個室(シャワー・トイレ付)を用意してプライバシーに配慮した一人部屋を利用出来ます。

一般4床室にも洗面台、トイレを用意して利便性、療養環境の向上に努め安心して治療に専念いただけるようにしました。なお、産婦人科病棟では希望者には母子同室とし安心してお産いただけるよう配慮しました。