消化器内科

消化器内科についてご紹介いたします。

科の特徴

消化器内科は食道・胃・腸・肝臓・胆道・膵臓の消化器全般にわたり診療を担当する分野です。消化器疾患は吐・下血、急性腹症などの急性疾患から慢性ウイルス性肝炎、炎症性腸疾患などの慢性疾患、消化器悪性腫瘍があり、診断や治療に取り組んでいます。特に佐渡島内では消化器内科の救急疾患に対応できる病院が少ないため、吐・下血、急性腹症に対し積極的に対応しています。また、慢性ウイルス性肝炎に対しインターフェロン治療、核酸アナログ製剤治療の肝炎治療も積極的に行っています。

消化器悪性腫瘍では早期胃癌・早期大腸癌に内視鏡治療、局所治療できない患者に化学療法(抗がん剤治療)や閉塞性黄疸に胆道ドレナージ術を行っています。


対象疾患と紹介

胃・十二指腸潰瘍

→心窩部痛(みぞおちの痛み)などの自覚症状を伴う疾患です。また、自覚症状がなくても内視鏡検査などで偶然発見される例もまれではありません。近年胃・十二指腸潰瘍の発生の原因にヘリコバクター・ピロリという細菌が大きく関与しており、ヘリコバクター・ピロリの除菌により潰瘍の再発が著明に抑制されることが報告されています。

B型肝炎

→臨床症状の多くの例で無症状です。検診でHBs抗原陽性を指摘されたら、症状がなく肝機能異常を指摘されていなくても病院を受診することを勧めます。また、慢性肝炎を発症しているなら年齢等を考慮して抗ウイルス治療を行います。

C型肝炎

→B型肝炎と同様に臨床症状の多くは無症状です。検診でHCV抗体を指摘されたら、B型肝炎と同様に病院を受診することを勧めます。また、慢性肝炎を発症しているならインターフェロン治療を行うことを勧めます。

その他

→胃・十二指腸潰瘍、胃食道逆流症、クローン病、食道・胃静脈瘤、潰瘍性大腸炎、慢性B型肝炎、慢性C型肝炎、原発性胆汁性肝硬変、非アルコール性脂肪性肝疾患、胆石症、急性膵炎、慢性膵炎、各癌疾患(肝細胞、胆嚢、胆管、膵臓、大腸、胃など) など

診療実績(平成22年度)

  • 月間外来患者数 ・・・ 約650人
  • 年間手術件数 ・・・ 

    上部消化管内視鏡(年間) : 約3600件

    下部消化管内視鏡(年間) : 約1000件

    経皮内視鏡的胃潰瘍施術(PEG) : 年間約45件

    内視鏡的乳頭切開術(EST) : 年間約25件

    早期胃がんに関しての内視鏡下層剥離術(ESD ): 年間約50件

診療日

こちらからご確認ください。

医師紹介

医師 役職 認定資格等
阿部 寛幸 内科医長 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本癌学会
American Society of Gene and Cell Therapy
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
荒生 祥尚 内科医長 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡学会
日本肝臓学会
がん治療認定医
清野 智 内科医長 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
再生医療学会
日本がん分子標的治療学会
日本内科学会認定内科医

※ 空欄部は、都合により非公開です。