佐渡総合病院ホーム > 総合案内 > 佐渡地域医療連携ネットワーク「さどひまわりネット」

佐渡だから出来る!地域医療連携ネットワーク

佐渡地域医療連携ネットワーク「さどひまわりネット」

佐渡では医師数・医療機関数が全国平均を大きく下回る一方,高齢化率は全国有数であり,医療・介護を取り巻く環境は危機的状況です.こうした中,島内の病院・医科診療所・歯科診療所・調剤薬局・介護関連施設を結び,医療・介護をみんなで支えようとする仕組み「佐渡地域医療連携ネットワーク」が進んでいます.平成25年4月に医療機関を結ぶネットワークが稼働,その翌年は在宅診療と介護連携が加わります.医療機関で出されている薬,行われている検査を互いに参照することで,併用してはいけない薬のチェックや検査の重複を防ぐことが可能となります.診療所と病院の間で十分な情報とともに迅速な紹介ができるようになります.要介護者が医療を受ける,医療を受けた後に元の生活に戻る道程を支援します。

ネットワークが有効に機能するには,各施設の参加に加えて島民のみなさんの同意が必要です.平成24年秋から同意をいただく作業を開始しますので,積極的なご協力をお願いいたします。

佐渡総合病院外科 佐藤賢治(佐渡地域医療推進協議会)


地域医療番組

佐渡市は、高齢化が進む中、慢性的な医師不足や通院困難者など様々な医療課題を抱えています。

離島というハンデを抱えた佐渡において医師不足の解決に特効薬はなく、高齢化に伴う患者の増加などが医師のハードワークに繋がり、問題をさらに深刻にしています。

このことを解決するため、県や市、佐渡医師会では、医療機関の役割分担を図り、同意が得られた島民6万人の患者情報を共有するシステム「さどひまわりネット」の構築が進められています。これは、島内の医療機関が患者情報を共有し医師の効率的な治療を可能とするもので医師不足問題や通院困難者対策の一助と期待されています。

CNSテレビでは、医療の現状と「さどひまわりネット」構築の取組を市民の皆様に紹介し、取組について理解を深めてもらうため、医療機関の協力のもと番組制作に取り組んでいます。

動画はこちら