佐渡総合病院ホーム > 診療科案内 > 腎・透析・膠原病内科

腎・透析・膠原病内科

腎・透析・膠原病内科についてご紹介いたします。

科の特徴

腎臓内科では以下のような腎臓疾患、血液浄化療法、膠原病などを中心に診療を行っております。


・慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群など
健診や診療時の検査で尿蛋白や尿潜血が陽性であるとき、また浮腫を認め蛋白尿が存在するときなどは、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群の可能性が高いと考えられます。この場合、どういったタイプの慢性糸球体腎炎であるのか、どういったタイプのネフローゼ症候群であるのか、確定診断をつけるためには、腎臓の組織を顕微鏡で調べる「腎生検」といった検査が重要です。約1週間の入院で検査を行い、その結果を参考に治療を行います。
・慢性腎臓病(CKD)
上記のような慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群、あるいは糖尿病の進行による腎臓合併症である糖尿病性腎症、高血圧による腎障害である腎硬化症など、長期にわたり尿異常が続いたり腎臓機能の障害がみられたりする場合、慢性腎臓病(CKD)と定義されます。CKD患者さんへの指導により、将来的に末期腎不全への移行を予防する、あるいは末期腎不全に至るまでの期間をできるだけ延ばすことを目標に、食事療法や薬物療法を行っております。
・腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植の検討)
CKDステージが進行していくと、腎臓機能は不可逆的となり、やがて末期腎不全の状態に陥ります。腎臓の機能が落ちることで、体から水や尿毒素物質が排泄できなくなり、浮腫・呼吸困難感・貧血・高血圧・食欲不振・嘔気・掻痒感・意識障害・高カリウム血症・低カルシウム血症・高リン血症などといった様々な症状や検査値の異常がみられるようになります。このような状態になってしまった場合には、腎臓の機能の代替として透析や腎移植を検討することになります。現在当院では血液透析・腹膜透析あわせて約140-160名の患者さんの診療を行っております。
  腎移植をご希望される方に関しては適応があると考えられる場合、新潟大学泌尿器科移植外来に紹介、受診をしていただきます。
・血液浄化療法
血液透析以外にも種々の特殊な血液浄化療法を種々行っております。


対象疾患と紹介

  • 急性・慢性腎炎
  • ネフローゼ症候群
  • 急性・慢性腎不全
  • 膠原病   など

診療実績(平成26年度)

  • 透析患者・・・約150名
  • シャント手術・PTA等・・・約80件
  • 急性血液浄化(持続緩徐式血液濾過透析やエンドトキシン吸着など)・・・約30件
  • 血球成分除去療法(L-CAP・G-CAP等)・・・約15件
  • 腹水濾過濃縮再静注法(CART)・・・約30件
  • 腎生検・・・13件

透析室からのお知らせ

佐渡総合病院では、帰省・観光などで佐渡に短期滞在される透析患者さんのための臨時透析をいままで①月から土の9時から②月水金の17時から③火木土の14時からのパターンで受け付けていました。しかし、島内の患者数の増加と看護師人員の不足により、平成27年4月現在、患者さんのご希望のお日にちお時間でお受けすることが非常に困難な状況です(特に午前の部は満床であり受け入れ困難、他のクールも残り数少ないです)。大変申し訳ありませんが日程のご相談は下記電話までよろしくお願いいたします。ご迷惑をおかけしますがご了承いただけますよう何卒お願い申し上げます。

0259-63-3121(電話・代表)

0259-63-4155(電話・地域連携室直通)

診療日

こちらからご確認ください。

医師紹介

医師 役職 認定資格等
和田 真一 内科医長 日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
石川 友美 内科医長 内科認定医
腎臓学会
透析学会
糖尿病学会
病態栄養学会

※ 空欄部は、都合により非公開です。