佐渡総合病院ホーム > 診療科案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科についてご紹介いたします。

概要

私たちリハビリテーション科では、病気や怪我により障害をともなわれた患者さんの社会復帰、在宅復帰、QOLの獲得を支援しています。離島におけるリハビリテーション施設として、様々な疾患を受け入れていることや外来患者さんの支援が多いことが特徴です。疾患によっては、島外の病院と連携してアプローチを進めていくことを大切にしています。また在宅福祉への支援として、「介護老人保健施設 さど」「さど 訪問看護ステーション」と連携をとり、取り組んでいます。

業務

理学療法部門

主に大腿骨頸部骨折や人工関節等の整形外科疾患、脳血管障害や頭部外傷、脳腫瘍等の中枢神経疾患、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの変性疾患、慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患、脳性麻痺等発達障害と小児の疾患、安静臥床による廃用症候群の方々を対象に、離床促進、呼吸療法、寝返り起き上がり等の基本動作の練習、車椅子などへの移乗動作練習、歩行練習を中心としたアプローチを行っています。

理学療法部門

理学療法士についてくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください。

作業療法部門

脳血管障害や外傷によって、運動障害の生じた手や腕の機能回復を目指すと共に、日常生活(食事・トイレ・着替え・洗面・入浴動作など)や、趣味・復職ができるように、訓練・指導を実施しています。回復促進のために様々な作業活動を取り入れ、また患者さん個人の生活環境に合わせて、家事動作訓練や家屋改造への助言を行います。

作業療法部門

作業療法士についてくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください。

言語聴覚療法部門

コミュニケーション(聴く、話す、読む、書くなど)の障害と、摂食嚥下機能(飲む、食べる)の障害に対して個別対応の訓練を行っています。コミュニケーションの障害としては、脳血管障害などによって起こる失語症・高次脳機能障害や構音障害、ことばの発達がうまくいかない言語発達障害や広汎性発達障害などがあり、幼児から高齢者の方まで幅広く対応しています。また脳血管障害や廃用症候群によって引き起こされる、摂食嚥下機能の障害に対しては、安全に飲み込むための訓練・指導を行っています。

言語聴覚療法部門

言語聴覚士についてくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください。

運営目標

  1. 私たちは、他部門及び他施設との十分な連携をとり、患者さんの最大限の社会復帰をめざします。
  2. リハビリテーションの実施にあたっては、患者さんの理解力、体力に十分配慮して行います。

スタッフ

理学療法士9名
作業療法士5名
言語聴覚士4名