薬剤部

薬剤部についてご紹介いたします。

概要

当科では院内外で使用する薬剤の調剤、および管理を行っております。

外来の方への調剤(外来調剤)や入院患者の方への調剤(入院調剤)のほかにも化学療法の投与量などの確認なども行っております。化学療法をお受けになっている方やご家族の方は、化学療法に関しての注意点も下記にありますので目を通していただきたいと思います。

業務

薬剤部で行っている主な業務についてご紹介します。

調剤業務

主に外来に来られた患者さんの薬を調剤する「外来調剤」、入院患者さんのお薬を調剤する「入院調剤」、患者さんにお薬を正しく納得して服用していただくためにお薬について説明する「薬剤管理指導業務」などがあります。

個々の患者さんにお薬を合わせて提供するために、小児や錠剤・カプセル剤が服用できない患者さんには錠剤の粉砕化を行ったり、アドヒアランス向上のために一包化も行っています。

調剤者と異なる薬剤師が最終確認を行い、複数の薬剤師の目で確認することで過誤防止に努めています。

調剤業務

注射業務

入院患者さんの注射剤処方せんについて薬剤の投与量、配合が適切か確認を行いながら注射や輸液を準備し、使用時の安全性を高めるために患者ごとにセットして病棟に払い出しを行っています。また、各部署からの請求に応じた払い出しも行っています。

注射業務

製剤室業務

製剤室業務治療上の便宜を図るため、調剤を補助するために、また患者の病態やニーズに対応するために医師の求めに応じ、市販されていない特殊製剤の院内製剤を行っています。

また、製剤室では中心静脈栄養に用いられる注射剤や抗がん剤注射剤の無菌的な調整を行っています。

その他に、化学療法について投与量や患者背景の確認を行い、外来化学療法では患者さんへの説明も行っています。


病棟での薬剤管理指導業務

薬物療法を受ける入院患者に適切な説明、助言を行うとともに、医師・看護師に対し医薬品適正使用情報を提供しています。また、持参薬のチェック、薬物治療前の投与スケジュールおよび副作用等の説明、治療中の副作用チェック、退院に向けてのさまざまな指導を患者の個々の背景に沿った形で行っています。

DI(医薬品情報)業務

DI(医薬品情報)業務 薬に関する情報を収集、加工、評価、整理、分類、保管し、医師や看護師、その他院外・内からの問い合わせに対してそれらの情報をもとに回答しています。また、毎月各部署に医薬品情報をのせた「DIニュース」を配布しています。年に一度当院採用薬の医薬品集も作成しています。


薬品管理業務

医薬品の購入から使用まで、品質や経済性などを考慮し、医薬品を管理する業務を行っています。当院では1500品目以上の薬剤を取り扱っています。

さらに、血液を原料とする医薬品については、製造番号や使用した患者さん、投与量等を20年間にわたって管理します。

薬品管理業務

運営目標

当院の薬剤部では、患者さんの薬物治療が有効かつ安全に行われるように、様々な薬剤業務に取り組んでいます。

その他

製剤室からのお知らせ

外来で抗がん剤を投与されている患者さんにご家庭で気をつけていただきたいことをご紹介します。

窓口でのお薬のお受け取りについてのお知らせ

窓口でのお薬のお受け取り時間は原則として以下のようになります。

平日 8:30~18:00

土・日、祝日 8:30~17:00

*上記時間以外でも薬剤部窓口が開いている場合は、薬の引換えが可能です。

*当日お薬を受け取りに来られない場合でも、会計で受け取ったお薬の引換券をお持ちいただければ、後日でもすぐお渡しすることが可能です。

受診日から60日が経過しても取りに来られない場合には、お薬を処分させていただくことがあります。その場合には返金もできませんのでなるべく早めに取りにいらしてください。

*時間外に救急外来にかかられ、お薬が出た場合には窓口にあるチャイムを押してください。当番の薬剤師が対応いたします。