佐渡総合病院ホーム > 総合案内 > がんの診療について

がんの診療について-地域がん診療病院として-

当院におけるがん診療の内容を生活支援も含めてご紹介いたします。

地域がん診療病院として

当院は、平成29年4月1日より「地域がん診療病院」の指定を受けました。 「地域がん診療病院」 としては、県内初となります。

当院は、隣接する地域のがん診療連携拠点病院である 「県立がんセンター新潟病院」 及び 「新潟大学医歯学総合病院」 とグループ指定となりました。それぞれのがん診療連携拠点病院との連携を強化し、今後も佐渡医療圏におけるがん診療、緩和ケア、相談支援及び地域連携等を、今まで以上に充実させるよう努めてまいります。

地域がん診療病院とは

「地域がん診療病院」 とは、全国どこでも質の高いがん治療が受けられるよう、がん診療連携拠点病院のない地域に、都道府県の推薦を基に厚生労働省が指定した病院です。

基本的には、隣接する地域のがん診療連携拠点病院のグループとして指定されます。拠点病院と連携しつつ、専門的ながん医療の提供、相談支援や情報提供を行なう役割を担っています。

がん診療連携拠点病院とは

全国どこでも質の高いがん医療が受けられるよう、厚生労働省が指定した医療機関です。
本県では、8つの病院が指定を受けています。

ご利用の仕方

国の「がん対策基本計画・指針」において、『がん治療に携わる全ての医療従事者が基本的な緩和ケアを理解し、知識と技術を習得する』ことが目標として掲げられております。
当院でも、がん診療に携わる医師が緩和ケア研修会に参加し、知識や技術の向上に努めております。

平成29年4月1日現在

緩和ケア研修修了者一覧
診療科 氏名
内科(一般) 岩田文英
内科(消化器) 荒生祥尚、阿部寛幸
内科(呼吸器) 山岸格史
外科 親松学、岩城孝和
産婦人科 石田道雄、小池公美
小児科 岡崎実

(注)医師の異動により変更する場合があります。

※「緩和ケア研修会修了者(医師・歯科医師)」新潟県のホームページより引用

当院での化学療法について

当院では地域のがん診療連携拠点病院と連携を強化しながら化学療法を進めて参ります。
当院で行われている化学療法のがん種は以下の通りです。

  • 消化器(胃、大腸、食道、肝臓、膵臓)
  • 乳がん
  • 呼吸器(肺がん)
  • 泌尿器(前立腺、精巣、尿路上皮がん)
  • 腎癌
  • 婦人科(卵巣がん、子宮体がん、子宮頸がん)
  • 耳鼻咽喉科(口腔がん、咽頭がん)
  • GIST(消化管間質腫瘍)
  • 脳腫瘍
  • 血液腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)

当院では化学療法を行う前に歯科と連携をしながら口腔管理を行っています。
詳しいことをお知りになりたい方は当院までお問い合わせください。

272

※ベッド 6床 リクライニングチェアー 6床です。患者さんが必要な情報も揃えてあります。

外来化学療法室について

現在、化学療法は通院しながら行うことが主流になっています。
(治療のスケジュールや本人の状態など主治医が外来での治療が難しいと判断した場合を除きます)
外来化学療法室では患者さんの安心、安全、確実な治療に努めています。
そのためには化学療法の内容について審査する委員会を定期的に開催しており適切で安心な治療を提供しています。
また、スタッフの勉強会も定期的に開催をして情報を収集しています。
化学療法を受ける際に様々な疑問や不安が出てくると思います。
つらい副作用や精神的に不安定になったり、治療費について心配されることがあると思います。些細な事でも医療スタッフに相談して下さい。
医師、看護師、薬剤師、医事職員、理学療法士、放射線技師、社会福祉士などチームで患者さんの治療がうまく進むためにお手伝いをしたいと考えています。

緩和ケア相談のご案内

がん相談支援センターのご案内