眼科

眼科についてご紹介いたします。

科の特徴

科の特徴

当科は日本眼科学会専門医制度一般研修施設に認定されております。

常勤医師は1名で毎日外来診療にあたり、毎水曜・金曜には新潟大学眼科学教室関連施設として1名ずつの助勤医師が外来診療に参加しています。治療対象は眼科系疾患全般にわたり、必要に応じて同教室より各分野の専門医師が来院して同様に加療、もしくは各種専門施設をご紹介させていただいております。

眼は小さい臓器ですが非常に多くの高度な機能を持っており、機能検査には特殊な検査機器と技術が必要です。当科では医師のみでなく国家認定された眼科検査専門資格を持つ視能訓練士が担当医の指示のもと種々の検査を行っております。

~外来診療内容~

火曜・木曜の午後は特殊外来として視野検査や蛍光眼底造影検査など精密検査を行っており、また外来治療として糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などに対する網膜光凝固術、後発白内障に対する後嚢切開術、原発閉塞隅角症に対する虹彩光凝固術などを行っております。

~手術内容~

白内障手術は片目で3泊4日、両目で6泊7日の入院で行っております。また、入院のうえで緑内障手術や網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血などに対する網膜硝子体手術、日帰りで加齢黄斑変性症に対する治療も行っております。


対象疾患と紹介

  • 白内障
    →水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる。
  • 緑内障
    →網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、特徴的な視神経の変形と視野異常 (視野欠損) を呈する。基本的には現時点では一度喪失した視野は回復させることが困難なため、失明の原因になりうる。 日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっている。視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須である
  • ドライアイ
    →「様々な要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」と定義されている。 涙の量が少なくなったり、成分が変化する事により、眼球の表面が乾燥し、傷や障害が生じる病気。
  • 網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、加齢性黄斑変性症、黄斑円孔、網膜前膜、網膜剥離など)

その他

内反症、眼瞼下垂、霰粒腫、麦粒腫、眼瞼腫瘍、角膜異物、結膜異物、角膜感染症、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎、ぶどう膜炎、涙道疾患、斜視・弱視、眼外傷 など

診療実績(平成26年度)

  • 月間外来患者数 ・・・ 約80人(予約約60人、予約外約20人)
  • 年間手術件数 ・・・ 約480人

その他

眼のことについて何か心配ありましたらいつでもご相談ください。

診療日

こちらからご確認ください。

医師紹介

医師 役職 認定資格等
芳野 高子 眼科医長 日本眼科学会認定眼科専門医
野々村 絹子 眼科医師 日本眼科学会

※ 空欄部は、都合により非公開です。