脳神経外科

脳神経外科についてご紹介いたします。

科の特徴

科の特徴

当科では2名の脳神経外科専門医 が常駐しており、且つ火曜日・金曜日に新潟大学脳研究所から出張医が来院して島内の脳外科的疾患の治療にあたっています。MRI、CT(2台)、脳血管撮影装置、SPECT(脳血流測定装置)、生理検査機器などを駆使して診断を行い、手術用顕微鏡(マイクロサージャリー)下に開頭手術を行っております。近いうちに脳血管内治療も可能となるよう準備中です。

年間の手術件数は60~80件前後です。大学病院をはじめ、島外医療機関との連携を保ちつつ治療にあたっております。


対象疾患と紹介

  • 脳腫瘍
    →髄膜腫、聴神経鞘腫などの良性腫瘍、中枢神経原発の神経膠腫などや、他臓器がんの転移による悪性腫瘍があります。良性のものは手術、悪性のものは手術・放射線照射・抗がん剤投与などの治療となります。当院には放射線治療装置がありますので、転移性脳腫瘍で島内の治療希望の患者さんには福音となっています。
  • 脳血管障害
    →くも膜下出血、脳出血、脳動脈静脈奇形、脳梗塞などがあります。いわゆる脳卒中に該当します。
  • 頭部外傷
    →いわゆる頭の怪我による疾患です。特に慢性硬膜下血腫は認知症と間違われる1つの疾患ですが手術で改善される病気です。
  • 機能的脳疾患
    →三叉神経、片側顔面痙攣などがあります。
  • 正常圧水頭症
    →手術で改善する認知症の1つです。

その他、感染症疾患・奇形疾患などがあります。

診療実績(平成22年度)

  • 外来延患者数 ・・・ 約6500人
  • 入院延患者数 ・・・ 約8800人
  • 年間手術件数 ・・・ 約75人
     血管障害22例
     経外傷24例
     腫瘍7例
     の他22例

その他

可能な検査

MRI、CT、脳血管撮影、SPECT、脳波をはじめとする神経生理学的検査など

診療日

こちらからご確認ください。

医師紹介

医師 役職 認定資格等
川崎 昭一 福祉連携センター長 日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
本間 順平 脳神経外科部長 医学博士
日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本てんかん学会会員
村上 博淳 脳神経外科医長 日本脳神経外科学会 指導医・専門医
日本てんかん学会 専門医
日本てんかん外科学会
日本定位、機能神経外科学会
日本臨床神経生理学会
日本生体磁気学会
日本小児神経学会
日本小児神経外科学会

※ 空欄部は、都合により非公開です。