佐渡総合病院 > 研修医ブログ > 地域医療研修医アンケート(12月)

研修医ブログ

地域医療研修医アンケート(12月)

地域医療研修医アンケートより

 

l  所属:慈恵医科大学柏病院

K先生(研修科:循環器内科)

皆さんに大変お世話になりました。(特に休日など)

症例数はやや少なかったですが、その中でいろいろな経験をさせていただきました。

特にCAGを経験させていただいたことは、非常に勉強になりました。

また、救外の患者の症例をもとに自分だったらどのような初期対応をするかレクチャーしていただき、自分の中でも引き出しが増えました。短い期間でしたが本当にありがとうございました。

l  所属:慈恵医科大学柏病院

N先生(研修科:外科)

素晴らしい島です。

仕事、プライベートの生活においてもサポートが整っており、良い1ヶ月間の研修になりました。

今回得ることができた貴重な経験や指導医の先生方からの教えを今後の自分に活かしていきたいと思っております。ありがとうございました。

l  所属:聖路加国際病院

I先生(研修科:呼吸器内科)

非常に温かく接していただき、仕事にプライベートに充実した日々を過ごさせていただきました。丸泰の方々にも非常にお世話になり、楽しい時間を作っていただき、有難かったです。

良い環境の中で研修させていただきました。

指導医の先生方は皆専門医クラスで、もともとの研修病院での環境とは違う知見を持っておられ、非常に勉強になりました。

看護師さんも責任と自負を強く持って仕事にあたられており、常に心強い存在でした。

患者さんはほとんど島民の方で、島内の病院に来ているだけでも「ひとつ島のした」という安心感や信頼感が常に一定レベル確立されているような感じがしました。その信頼に応えたいという気持ちも自然と湧き、良い循環があったように思います。

呼吸器内科の小林先生、大橋先生には非常にお世話になりました。お忙しい中、丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

 

l  所属:東京大学病院

Y先生(研修科:消化器内科)

天候には恵まれませんでしたが、病院の方をはじめ患者さんも優しい人が多いと感じました。

研修医、上級医の先生、看護師さん、事務の方など多くの人に面倒をみていただき、充実した研修生活を送ることができました。

病院のルールの違いに最初はとまどいましたが、慣れていくにつれ、佐渡病院のような所で研修をすれば良かったと思うようになりました。自分の当直の日に他の研修医や消化器内科、他科の先生にも多大なお力を貸していただき、何とか終えることができました。

消化器内科では、大学ではほとんど見なかった検査室を勉強させていただき、夏までに佐渡に来ていたら消化器内科に進んでいたかもしれません。

他の病院の研修医と仕事をすることも初めての経験で刺激を持って帰ることができ、良い研修ができました。

佐渡での経験を今後に活かせればと考えています。

1ヶ月と短い間でしたが、大変お世話になりました。ありがとうございました。佐渡のことは忘れません。

DSCN2871