佐渡総合病院 > ニュースリリース > 重要なお知らせ > COVID19対応フェーズダウンについて

ニュースリリース

COVID19対応フェーズダウンについて

新型コロナウイルス感染症の新規感染者の減少、緊急事態宣言の解除を受けて、 当院も5月21日から診療制限を緩和しました。その後も新潟県内では新規感染者の 発生が確認されていないため、6月1日(月)より一部の制限を除いて通常診療と します。
一方で、感染者が増加している地域もあり、世界的には感染収束にはまだまだ遠 い状況です。当院では引き続き迅速に対応できる体制を継続します。住民のみなさまも手洗いの励行、3密(密集・密閉・密接)を避ける行動に留意していただき ますようお願いします。

6月1日からの制限事項は以下の通りです。
次に該当する方は「帰国者・接触者相談センター」にまずご相談ください。受 診が必 要な場合は直接受診せず、事前にご連絡ください

●2週間以内に新型コロナウイルス感染が確定された方(疑い含む)と接触した

●2週間以内にねつ・せき・のどの痛み・嗅覚味覚障害・下痢などがあった

●2週間以内に海外から来た。

 

≪面会について≫

●面会はこれまでの「禁止」から「制限」とします。

●面会は必要最低限とし、数名以内としてください。

●中学生以下のお子さんは面会を控えてください。

●ねつ・せき・のどの痛み・味覚嗅覚障害・下痢など症状があるときは面会 できません。

●新型コロナウイルス感染が確定された方(疑い含む)、およびこのような 方と接触した方は面会できません。

 
※海外との往来は控えてください。海外ではまだ感染が拡がっています。

今後の制限緩和は全国的な感染収束が得られたときで、まったくの制限解除とな ります。

佐渡総合病院 病院長